プロフィール

ルキ(Lukih)

Author:ルキ(Lukih)
診断書貰って見たら「傷病名:統合失調症」だった…もう、7年も通院してます。人生終った…と思うこともありますがなんとか生活を立て直したいんです。


最新記事


カテゴリ


タグクラウド



最新コメント


月別アーカイブ


蕎麦屋の出前か

労災書類について、たぶん会社は(少なくとも人事担当者は)嘘をついているんだと思う。


一番早く欲しい転院の書類をなぜかわざわざ労務士が病院ではなく「労基に送る」という。

なぜ?

会社印押してすぐにうちに送ってくれさえすれば、私は今日の通院も立て替えなくて済んだのに。



病院の事務の人も、不思議がっていた。


帰宅してすぐに会社に問い合わせたが、労務士がいつ書類をどこに送ったかわからないそうだ。

で、今返事が来た。

「労務士事務所から昨日の午後便で病院に書類を送ったそうです」


……変だよね。

労務士は会社に対し「労基に送る」といって書類を預かっていった。

なのに、まだ私が問い合わせる前の昨日の段階で「病院に書類を送った」んだって。



誰かがなにかをごまかしている。



仕事よりもこういうやりとりのほうが堪えるね。


怒りが動き出す力になればいいけど、傷は痛いし、気持ちは落ち込むばかりだし。



このやりとりの顛末は、ハロワにも就労支援センターにも話すよ。

必要なら、文書化して労基にも送るよ。


そこまで気力があれば、の話だけど。




きっと速達かなんかで今日午後届くようにするんだと思うよ。

嫌がらせなのか不手際なのかわからないところがミソ。
スポンサーサイト

労災書類を渋られます

書類を作成して、会社印押すだけの形にしてお願いしても、会社がハンコくれない。

病院は会社印のない書類は受け付けないという。

どっちが正しいのかわからず、労基に相談した。

で、「労基に相談した」と会社に伝えたら今ハンコ押したから直ぐ送りますね!

と急に態度が変わった。

ずっとくれなかったのに。

仕事より、辞めてからのほうが疲れる。

ちょっと休みます。

リハビリがんばって、早く仕事探したい。

ガンマ値が正常になってた

術前検査でわかったんだけど、37になってたよ!

甘いもの食べなくなっただけなのに。

体重は増えたり減ったりで肥ったままだ。

でも肝臓が元気になったのは良かった。

入院中

手術はうまくいったようです。

奥歯ぐらいのサイズの骨の欠片が摘出されたよ。

リハビリ頑張って、早くまた働けるようになりたいよ。

入院生活は精神病院よりは遥かに気楽。

人の気配があるところで眠るのは、安心するね。

自覚してるより私は寂しいのだと気づいたよ。

それから、テレビを全く見なくても平気なことも。

妹に預けた犬は、楽しく遊んでるらしい。

適応力の高い犬でよかったよ。

帰宅したら、会社から労災の書類届いてるといいなあ。

もう、迷惑そうな担当とやりとりしたくないよ。

届いてないだろうな。

考えてもしょうがないことは考えない努力をしよう。

私はまだ生きていく。

薬飲みながら、休憩しながら、少しでも稼ぐ。

とにかく早く傷を治さないとね。

膝の手術

来週手術することになりました。

今日は術前検査と診察。

転院先で関節ネズミが見つかり、見逃した元の病院に戻るという、猛烈に気まずい診察だったよ。


「仕事辞めたら生活保護でいいじゃん♪」

とカジュアルに言い放って私の心を凍らせた若い医師(といっても私よりは上だけどさ)。


さすがに、今日は見逃して申し訳なかったと謝ったよ。


ひとは間違えるよね。

ゴメンでいいんだよ。

少なくとも私は今回はそれでいいよ。



(……執刀医は彼の先輩を指名したけど)




ゴメン、だって、いろいろ不安……。




そんなわけで、入院準備中。



普段飲んでいる精神科の薬、一週間分しか持っていけないんだそうだ。

それ以上必要なときは、入院先で処方するんだって。

……でもさ、それって労災でカバーされんのかね。


明日訊いてみる。




去年、精神科入院に失敗して以来、それなりにいろいろあったなあと思う。

生きているだけで、なにか起こるね。


暇な人生なんてないね。


薬無しで生きられない感じだけど、それでも、いいことからも悪いことからも、発見がある。


ほんとは健康で日々発見があるほうがいいんだけどさ。

贅沢ばかり言っちゃいけないよね。

亡くなった夫の知らないエピソードが、ホント増えたな。


思い出すと苦しいし、未だに何の遺品整理もできてないけど、そんなの関係なく、夫の霊があるならば、都合の悪いことは全部忘れてただただ楽しく過ごしていて欲しい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症 ブログランキングへ

9月の通院

会社との労災関係のやりとりですっかり消耗していた。

心理的なストレスが、極端な身体の疲れに繋がるのだということが、よくわかった。


グニャグニャの身体に、冷水シャワーで喝入れて、通院。

待ち時間はさすがに、人目のない検査室前ベンチで横たわったけどちゃんと診察受けた。



噂だが、この病院、また傷害事件があったらしい。

私が入院中にもあったんだけどさ。



人手足りないんだよ。



このことも、そろそろブログに書かないと。

もう1年以上経ってしまった。




診察は、いつもどおり。

だけど、先生……。

先月余ってるって言った薬また省いて処方箋出したよ……。


忙しいのはわかる。

わかるけどさ。



省かれたのは睡眠導入剤だ。

足りなかったら、家にあるレスタミンコーワ(蕁麻疹のときのくすり。すごい眠くなる。酔い止めにもなる)飲んでやり過ごそう。




……ホント、次からは自分でもっと気をつけようと反省した。


処方された薬→レキソタン、レクサプロ、レボトミン、ビオフェルミン





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症 ブログランキングへ

トライアル雇用期間終了

会社と話し合いをしてきました。

私が居ない一ヶ月で、あらたに「人事担当」という専門職ができてて、その人が総務担当の隣にいたよ。


話し合いで不条理なことを言われるのも嫌だったので、就労支援センターの職員さんにも同席してもらった。


会社曰く。

三ヶ月トライアル雇用は終わったね。

ひとまずはさようなら。

でも、もし完治して以前と同じ労働ができるならまたトライアル雇用1日目から雇ってもいいですよ。








どうせ本採用になっても時給820円は変わらないんだから、ここは試用期間一ヶ月ぐらいに負けて欲しいとちょっと思った。


ご縁がないのかもな。


この一ヶ月、医者にも振り回されたけど、総務の対応にも悩まされた。

細かく書きすぎると支障があるので割愛するけど。


この先5年後に雇い止めとわかっていて、特に障害者扱いじゃない仕事を地元の高校生より安い賃金で続ける情熱が失せた。

障害者だとバレるの嫌だな、という思いは、結局障害者雇用でも一般雇用でも同じだ。


ならば、怪我が治ったら、一般で挑戦してみよう。




そういうことに決めた。

話し合いの翌日には、次の契約を希望しないと伝え、会社も了承。



明日、挨拶(不要と言われたが、社会人なので……)とロッカーの鍵を返しに会社に行く。

これで後腐れなくお別れだ。



自分が週5、1日6時間までは働けるということがわかってよかった。

なんでも社労士に相談しないとわからない総務なんて、それこそ最低賃金でいいんじゃな~い。

という本音☆



そうと決まればドライに、労災休業補償の書類も請求だよ。





障害者雇用の助成金が国から会社に支払われていて、それが結構な額だと知ったのも今回は勉強になった。

なのに、トライアル雇用終わっても最低賃金って、きっちり定時でおしごと7割ぐらいじゃないと萎えると思う。



就労支援センターの職員さんは、私が前の会社に復帰しないとわかるとすごくがっかりしていた。

そりゃそうだ。

ノルマもあるだろうし、定着率も問題になるんだろう。


話し合いについてきてもらったり、世話になったから申し訳ないとは思ったけど。



自分も反省すべきところがある。

時給が仕事覚えても5年変わらないと言われた時点で断ってもよかった。

ブランクがあって自信がないから、まあいっかとハンコ押したの、良くなかった。

それと、よその部署の手伝いだからって、製品壊さないように自分の身体を張るのは愚かだ。

自分を大事にしないクセが出たし、それが悪いほう悪いほうへと繋がった。



会社からすればせっかく雇ってやったのに、怪我して労災まで使いやがって……(・д・)チッ

ってところだろう。


まとまらないけど、ひとまずご報告!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村


社会復帰 ブログランキングへ

 | ホーム |