プロフィール

ルキ(Lukih)

Author:ルキ(Lukih)
診断書貰って見たら「傷病名:統合失調症」だった…もう、7年も通院してます。人生終った…と思うこともありますがなんとか生活を立て直したいんです。


最新記事


カテゴリ


タグクラウド



最新コメント


月別アーカイブ


精神科に入院 2  準備

2015年7月、私は統合失調症で任意入院した。

 目的は、自分に合った抗精神病を見つけること。 

 入院直前の精神状態は良くなかった。

 妹にメールで「今変な奴に絡まれたら、殴る自信がある」 とか、

 「約束していた会食は混乱しているのでキャンセルしたい」 

「私との関係を誰かに聞かれたら、無関係と言ってください」 

「犬(飼っている)が死ぬまで生きていていいのか分からない」 

「私は自殺したの遺したお金で生活を保証されている。死ぬべき」

 「自宅で死んだら、迷惑になる、どうしよう」 

「犬と離れたくないが、もっと良い飼い主を探して手放すべき」 

「遺言書作成して、遺品整理屋をリストアップしておく」 

 「人間が怖い、とにかく、怖い」 「黒目の縁から、黒い液が出て視界が黒っぽい」

 「私がを殺した」 

 「こんどはハッキリと、私が原因だと誰かが遺書を残して死ぬ」 

 ……などという、迷惑極まりないメッセージを送っていた。 

 うざいにもほどがある。 

 妹の返信は極めて落ち着いていた。 

 が、きっと酷く苦しみ、傷つきもしただろう。

 年長者として、まったく情けない。

 犬は犬で、不安定な私を気遣い、しょっちゅうくっついてきたり、顔を覗き込んで「大丈?」と全身全霊で問うてきた。


 7月17日、病院に行こう、と思った。

 本来なら多分も余裕があったし行く時期じゃなかった。

 口でうまく伝えられる自信がなかったので、メモを用意した。

 「正しい声が聴こえない」→正しい声、とは、幻聴の一種で私を助け、花を植えるよう導き育てられるようにしてくれた謎の声 

「人が怖くてたまらない」→なぜ怖いのか説明がつかないが、感覚的に動きの予測ができない大きな動物や毒虫のように感じていた。 

「私は人の死の金で生きている」→が死んだことで、マンションのローンが終わり、生命保険がおりた。それがなければとうに路頭に迷うか死んでいた。 

「犬が死ぬまで生きられたらいい、その後は死にたい」 

「死後の費用と、妹への幾らかのお金が遺せるうちに死にたい」

 「カフェイン、酒、過食のほうがよりずっと気持ちが上がる」 

 「視界が黒っぽくなった」 

「皆が私から離れていく」→自分から離れていったところもある。
病気を隠してもオープンにしても、働き盛りの独身女が無職というのはとても惨めで切ないし、相手も気を遣うだろうとわかる。 

「皆わたしが悪いと思っている」→の死について。私は良い妻ではなかった。

 「服用中のが偽で、試されているのではないか」


 一ヶ月以上前から入院を勧められてはいたが、なかなかベッドの空きがでなかったんだけど、その時はちょうど一つ空いたところだった。 

担当医は真面目に話を聴いてくれ、ケースワーカーが病室を見せてくれて、入院が決まった。

 予定は三ヶ月。

 当時の私の生活は、犬の散歩以外ほとんど外に出ず、たまに出かけても泊まりなら宿に籠もり、日帰りならすぐに帰宅して寝込む。 

 風呂は10日に一回。

 春に受けた血液検査の結果は最低で「脂肪肝」。

このままいけば肝がん→死亡もあると脅された。 

 太っていってるのは自覚していたが、どんなに呑んでもガンマ値10を超えたことがなかったのでショックだった。

 無気力で家事もままならず(誰も困らないが)病院に行くのもつらい日々。

 役所の障害福祉課に電話で相談したら、「新しく福祉相談センターができたのでそちらへどうぞ」と言われ、保健士の資格を持つ相談員が家に来て話を聴いてくれた。

 今の病院を紹介してくれたのもその相談員だ。 

前の病院はクリニックで、本院からお爺ちゃん先生がきて10分話を聴いて(毎回忘れるし、自分のカルテも読めない)出して終わり、だったのが、転院してちゃんと会話が成立する上に薬の説明をしてくれる医師に出会えた。



 話がそれた。

 そう、入院準備。

1 保証人。  

 これは妹と妹の旦那さんに頼んだ。   

 両親とはそのときすでに絶縁していたので。   無くても、保証金をちょっと多めに払えば大丈なようだった。  
 妹には病院から言われた保証人無しの補償金額を渡したが、断られた。 


 2 ペット。  

 犬は妹家族が預かってくれた。  

 三ヶ月計画だったので、エサ代や急な病気のときのお金を多めに渡した。  
 犬は誰にでも懐くのでそれほど心配はなかった。


 3 お金。   保証金に6万ほど払う。  
 あとは、事前に役所で手続きすると、前年度の収入に応じた上限金額で入院ができる。


 4 園芸。  

 ボランティアとはいえ、公園の花が枯れるのは忍びなく、友人の子供にアルバイトをたのんだ。 
 数日おきにたっぷり水やりしてくれたらあとはなにもしなくていいということで。


 5 身支度。  

 レンタルパジャマなどない病院だったので、多めに部屋着を用意した。  
 あと、洗濯はよく物が盗まれると入院患者に聞いたので、院内のコインランドリーと乾燥機代として小銭をたっぷり用意。 


 6 家の植物や魚  

 植物は、原始的な水やり機(水やり当番とかいう、単純構造の)を設置。  
 小さな睡蓮鉢の小魚には、留守用の固形餌。


 7 シャンプー・リンス・体拭き  

 10日風呂に入らなくても平気だったけど、同室の人から臭いと言われたら切ないので、シャンプー・リンス・体拭きシートを持って行った。  

 入院中は週一で風呂に入れるが、物が盗まれたり患者の序列によって洗い場が決まっていたりするので実質5分で全て終えなければならない。  
 当然、洗い足りないので人の居ない時間を見計らって、洗濯場や洗面所でシャンプー。


 8 荷物の量   
 
 三ヶ月目安だと、一週間海外に行く分ぐらいの荷物の量になる。  

 それ以上でも変わらない。  
 タオルやティッシュを多めに。  
 買い物の許可が出ないと、とても不便だ。


 9 携帯やスマホ   
 
 事前に医師に確認して、許可があれば持って行ったほうがいい。  

 TVは大広間に一台だった。    


10 心の準備    

 患者は当然皆病んでいるが、症状はかなり違う。   

 これは事前に確認しておいたほうがいい。 
  
 私の入院した病院は、知的、認知症、精神ごちゃまぜで、長期滞在がメイン。   

 暴言を吐かれたり、セクハラ発言とか普通だし、人手が足りないので職員も看護師もその辺はスルーだった。


 11 私のような症状ならできれば個室    
   
   私の失敗は個室にしなかったことだと思う。 

   同室のわがまま放題困ったちゃんに振り回される日々だった。  
 
   落ち着いて薬を試したいなら、多少お金がかかっても個室をおすすめする。
   
   気を遣ってばかりで、消耗してしまうなんて無駄。 



 ……こんなとこだろうか。 

 他に、準備しておくといいことってなにかな。

 トランクに暗証番号の鍵ついてたほうがいいかな。

 病院の個人用貴重品入れは小さいから。

 あとは、スマホが医師から持ち込み許可出たら、通信サクサクプランに変更しておくとストレス減るかも。 

「個人用ゴミ箱がない」とかフツーなので、なにもかも百均で揃える勢いでちょうどいい。 

それから、何かあったときのためにも筆記用具は必須。

 持ち込み不可でも(特になにも言われないけど)録音機は一応もっていたほうがいいかな。

 なんかあった時「言った言わない」で揉めるかもしれないし。

 それから、食事が貧相なので好きな味のレトルトスープとか、飲み物はあったらいいと思うな。

 精神科って、入院病棟から出られない事が多いので、売店で買い物もできないんだよ。

 医師の許可が下りればできるけど、最初の一週間は無理じゃないかな。

 自販機すら。

 今日のとこはここまで。

 都会の精神病院はもっと自由かもしれないし、知的とか認知ごった煮にしないところも多いから、事前にちゃんと確認したほうがいいと思う。

 変な例えだけど、分娩と堕胎と一緒にするぐらい、田舎の精神科はデリカシー無いよ。

 都会の婦人科でも上記のことはよくあるみたいだから、なんとも言えないけどさ。

 ランキングに参加しています。 ↓はクリックすると、統合失調症の方のブログランキングが別窓で開きます。いろんな症状の方がいらっしゃるので、是非読んでみてください。

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

スポンサーサイト

レクサプロ増量中止とレキソタンのジェネリック

10mgだったレクサプロを一ヶ月(正確には最初半月15mg、その後半月20mg)に増やしてみた。

が、眠りが浅くなる以外の変化がなく、肝臓への負担も心配だったので結局10mgに戻した。

不安感が強いので、レキソタンがもしかしたら大黒柱なのかもしれない。

レクサプロは、マイナス思考を止めて、低空飛行だけど安定させるような抗鬱剤という感覚がある。

これで、エビリファイが効いたら浮上してよかったんだろうけど、副作用(じっとしていられない)が出すぎて私には合わなかった。

無念なり……。


ところで、レキソタン、一回ジェネリックの「セニラン」に変えてみた。

慎重に日々の体調の変化を見たところ、私にはセニランではなくレキソタンが合っているという結論に。

セニランちょっと弱い? 下支え感が足りないような……。



「同じ」と言われてもやっぱり同じじゃないと思うことは多い、先発品とジェネリック

他には、抗アレルギー剤のザジテン。

これもジェネリックのケトテンよりザジテンのほうが効果がある。



こればかりは体で試すしか無いので、多少高くついても先発品にしておいたほうが無難だと思う。

主成分は一緒でも、添加物などが違うので。



この話で思い出した。

私は旅行中に、と先発品とジェネリックについて議論になった。

S井製のCM「オリジナルを超えろ」は言い過ぎだし、先発と後発の効き目は違うと私は主張し、は一緒だと言い張り、医者からもらったも真面目に飲まないアンタに何がわかると険悪になって、他にも色々あり、旅先で喧嘩別れしたのだった。


これは些細なきっかけに過ぎない。

私ととは愛憎入り交じる複雑な関係だったので、いつかどっかで破綻したろうと思うし。



……あれ、なんか変な話になったな。


この件はまた後日詳しく。




ジェネリックの件で思うに、長期飲むようなものは特にだけど、医師に「ジェネリックのほうが金銭的負担がなくて有難いけれど、先生の判断で違いがあると思うなら先発品でいいです」

と伝えてみるのがいいのではないか。


私の担当医はマニアで、院内処方のレキソタンはそもそもジェネリックじゃなく先発品一択だった。

それが、アレルギーのの追加で院外処方になり(院内局に在庫がなく取り寄せもできないと言われた)、ジェネリックなら在庫ありと言われて試したのだ。






私にとっては、担当医のチョイスが合っていた。

それだけ。



↓ランキング参加しています。別窓で開きます。ためになるブログも多いので良かったら飛んでみてください。


統合失調症 ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「ほう・れん・そう」と矢文を放ちたい。

モヤモヤした午後の講座を回避すべく福祉事務所の相談員に電話してみた。

現状を「現場に伝えないでください」と前置きして、ぐーぐるくんの件や、知的のメンバー中心になってることを話す。

一応、ああ、そうですか、と同情的な声は返ってくるものの……


見学した時は「個人のレベルに合わせた指導をしています」と言っていたのに、「一番低いレベルに合わせるのが妥当、こういうものなんですよ」と豹変。


( ゚д゚)ハッ! 私もう利用申請通ったから、補助金出るし本音で来たのね……。



それが世間とわかっていても、切ないものよ……orz




さらに、相談員「自分でもっと上を目指すなら○ーキャンとかで学んでください。あとはハロワ行ってもらって、講習あるか聞いてみたらどうでしょう」だそうだ。


もう、収めるとこに収めたお荷物に動いてもらいたくないんだろうなあ。


そんなもんよな、と萎れつつ、就労移行支援事業所に電話。

ぐーぐるくんが出たので、「午後は講座を受けず、自分で勉強したい。管理者や他の職員さんにも伝えてください」と言って切った。



結果、今日出勤したら誰も知らなかった。

事情を説明したら、電話が来たことすら伝わっていないことが分かった。

管理者は「ごめんねえ……」と。


ぐーぐるくん……。

おしごと嫌いなの?


ほうれんそう、って、就労講座でやると思うんだけど、まだ講座準備前か。



割りきっていこう。

午前中いろんな障害のある人と接しながら作業、午後は体力づくり。

しばらくこれでいこう。


余裕が出たら、勉強なり、バイト探しなりしていこう。


ぐーぐるくんには大事な話はしないようにしよう。

コレ大事。

たぶん一番大事。


※管理者への講義回避の説明は「PCが少ないのに、基礎ができている私が使用してる時間、もっと練習したい方に申し訳ない気持ちで……」という建前で貫いた。


自分のペースで徐々に進んでいきたい

カシオと軍人

体験三回目。

さらなる強烈キャラが登場し、どんな顔したらいいのか……困惑の午後を過ごした。


カシオは相変わらず「オレ! オレ!」で誰とどんな会話しても「オレの武勇伝」になってしまう。

そして別室に度々呼ばれていく。

カワイコちゃんが他の男と話していると素早く強引に割り込んでいく、その強さ、見習いたい。

全然理解できない話でも、オレの話に捻じ曲げる豪腕。



そしてカシオは今、「教えるオレ」に凝ってるらしく、私の新しい作業はすべて「オレが教える!!」( ー`дー´)キリッってこっち来るんだけど、頭のなかが子供なので、詳しい説明が全くできない。

しかたなく何度か質問をすると、イライラし始め……。


カシオ 「コレがアレで、コレはダメ、意味わかる?」

私 「すみません、意味わかりません」(さっきから指示語ばっかりでなにがなにやら)

カシオ 「ぐぎぎぎ……」

私 「コレというのが○○の部分で、アレというのは商品の傷や折れということでしょうか?」

カシオ 「……だからー! コレがこうでしょ? コレが、だから、こうで……とにかくやってみて」

私、やってみる。

カシオ 「あー!! それダメ!! ダメそれ! コレがこうなってるから!」

……どれがどうなってんだよ、意味不明だよ。


で、カシオ自爆。

比較的長く働いてる人たちが総ツッコミ入れたせいもあり、その後はオレはダメだオレはダメだとつぶやき続けていた。

職員はそれを宥めるのが仕事。


ていうか、新しい作業は職員が教えてくださいよ、ネットサーフィンしてないで(グーグルくんと呼ぶことにする)。



午後は午前より人が増えて、パソコン講座とビジネスマナー講座。

講師はグーグルくんだ。



内容は……13人に4台のノートpcで文書入力か数字入力をする。

パソコンが空くまでの待ち時間はそろばん8級ぐらいの計算問題を解く。


両手使って普通に入力できるのは私含めて多分三人ぐらい。

とても「パソコン講座」という世界じゃない。

なぜって、カシオ含めて「小学校低学年の漢字」も読めない人がいるからだ。

それは障害だから仕方ない。

でも、無茶でしょ?

せめて文書入力の前に、漢字にルビ振ってあげてよ……。


カシオ、完全にやる気を失う。

「ああーーー!! マジ無理 オレもうやらねえ!!」

宥める職員(中年女性)。



pc教える気なんかないだろグーグルくん。

入力できるひとに「スゴイですね! さすがですね!」と言って回るだけだし。

……バカにしてるつもりはないんだろうけど、モヤモヤするー。



グーグルくんの次の講座はビジネスマナー。

市販のマナーDVDを見て、順番でメンバーが意見を言う。

内容は、挨拶の仕方と敬語の使い方。

新卒研修の一番最初に見せられるようなやつだ。



グーグルくん、「二重敬語」の例文が思い浮かばなかったのか、DVD見ながらググってたwww

仕事なんだから、予め用意しておこうよ……。

それと検索画面そのままにしないで見てるこっちが恥ずかしいから。



まあでも、講座はオマケで、「人前で意見をいう」というのが目的なんだろう。

一生懸命「よかった探し」する私。


意見をいう、の大半はまあまあ常識的に進んでいったが、また一人どう扱っていいか困る人発見。

もちろん、グーグルくんのような若造が止められるタイプではない。

どんなきっかけでスイッチ入ったか知らないが、何を訊かれても第二次世界大戦の話しになってしまう。

硫黄島、零戦、軍隊の規律の厳しさ……上官からの不条理な暴力。

みんな遠慮無くゲラゲラ笑ってるけどさ……。

彼はうん、「軍人」と脳内で呼ぼうそうしよう。

ちなみに軍人は40代ぐらいの男性なので従軍経験はない。


軍人の発言の順番が来ると長く、話が壮大になっていく。

話を纏めることが苦手なんだと思う。

その上、みんな笑うから余計脳内ゴチャゴチャになってるんだ。

私も正直最初は笑いそうだったけど、あまりにみんな嗤うので、いじめっぽくて最後はしんみりした。




……感想まとめ。

講座内容がメンバーのレベルを無視している。

メンバーの能力差に合わせた講座は今後もできないだろう。

職員が三人しかないもの、どうしたって知的の人の世話で終わってしまう。

当の知的の人はチンプンカンプンのまま。



コレって、国から予算ついてるのよね?

いくらなんでもずさんじゃない?

PC練習や面接訓練なんかは他所でやろう。

軍人もカシオも悪い人じゃない。

けど、軍人とカシオレベルのために午後丸々使うのはさすがに切なすぎる。

精神の人は置いてきぼりだよ。

精神障害者にとって良いところは、いつ休んでもなんの損もダメージもない、という点に尽きる。






統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

就労移行支援事業所体験二回目

前回危惧した通りなのかどうかは知らないが、若い男メンバーに完全ホールドされていた若くて可愛らしい女性メンバーは今日は来なかった。

週5の予定らと言っていたので、本来なら来るはずだ。


が、来ない。


そして、礼の若い男性メンバーはお喋りのたびに職員から別室に呼び出され、さらに監視の目がない時間帯にはずっと「LINEでも返事なかったらヤバイよね」とほかのメンバーにしきりに聞いていた。

おい、LINEのやりとりしてんのかよ……!!(脳内)



連絡先のやり取りは禁止のはず。なんだ、カワイコちゃんも脇が甘かったのかもね。

(ちなみにLINEの返信は昼まで一度もなかった)



がっくりきた男性メンバー(仮にカシオと名づけておこう)は、あまりに落ち込んだ上に職員から叱られて頭が痛いとしきりに訴えていた。


女の子とのLINEのやりとりで頭痛くなるのは、健常者でもよくあることだから職員に激しくアピるのやめて。




ちなみに、私はカシオに「30代ですか?」と話しかけられ「いいえ~、40代なんですよ~」と答えてから、駄目出し以外で話しかけられない。

明確な線引き、わかりやすい。

が、露骨なんだよ兄ちゃん……。



BBAが若くて可愛い子の知り合いの可能性を考えようぜ?。


……知ってても君に紹介しないがな(#^ω^)ビキビキ いい年して中年に年齢でかい声で訊くなよ。

恥じずに答えるけどさ。




そのあと態度変えるのが気に入らない。


年齢関係ないじゃん、仕事じゃん。


しかもわたしいま「無給」よ????



ああ、単純作業でよかった。

でも、仕事覚えてからもアレコレ指摘されたら「あなたの特定の人との止まらないお喋り、どうなの?」と職員が引くぐらいの声で言おうと思う。



でも田舎なので、職員の誰かの身内の可能性もあり……。


こっちが凹まされてやめる可能性も高いのだった……orz。



多分黙って作業に集中できる全員が「早くここから出たい」と思ってるだろう。





精神科・心療内科 ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

就労移行支援事業所 体験初日

なにが辛かったって、暖房がついてなくて寒いのが一番つらかったよ。

次回からは靴下二重履き、腰巻き、カーデガン必須φ(`д´)メモメモ...


朝9時集合、ラジオ体操と朝礼をして9:30から作業

何をするかというと、自動車整備に使った雑巾を、ダメージレベルで仕分けして、細かいゴミや金属片を取り除き、糸が出ていたらカットする、それだけだ。


他にはチラシのゴム止めなどもあるそうだよ。


つまり、内職を外で集まってやる感じ。


メンバーは親切で、静かな人が殆ど(見た目に病的なところは一切ない)だし作業は単純だ。


でも、作業を監視してる若い職員はPC画面をマウス片手にふんぞり返って見つめてるだけで存在が謎。

あれで時給いくら貰ってるんだろう。良い仕事だ。



ちょっと風変わりだなあと思ったメンバーは、知的障害が軽くあり、年頃なので若い女性メンバー(可愛い)に熱心に話しかけていた。

その熱心さがアウトだったらしく、途中から別室に移送されていた。


他にも同じ年頃のお嬢さんがいるのに、可愛いその娘にだけずーーーーーーーっと話しかけているのが正直だ。



みんなの目下の楽しみは、来月の日帰りバスツアーらしい。

結構なお値段なので私は今後も利用することはなさそう。

定年間近っぽい年長者以外は、皆家族と同居の様子(ちょっと話した)。

金銭的にキツそうな人はいない。


私はさっさと体験を終わらせて、時給の高い清掃などにマメに参加し、体力と金銭を手に入れたい。


……が、疲れた。

何もしなくても、知らない人の中にいるのは疲れるよ。


明日は通院の予定。あくまで予定……。いけるといい。


※散歩が早朝になったので、犬は寒くてちょっと気の毒だ。休みの日にはなるべく暖かい時間に自然豊かなところへ連れて行きたい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症 ブログランキングへ

確定申告(ヽ'ω`)

確定申告の書類を投函してきたよ……(ヽ'ω`)ヨレヨレだよ。


もっと勉強しなきゃならないと思った。

税金について無知すぎる、私。


去年1年、医療費が10万超えたのと、株を売ったり配当で(源泉徴収ありの口座なの)税金を納めたので、いくらか返ってくるかなあと期待しつつ書類作成。

まず、医療費の明細書がすごいことになってた。

年月日、金額、診療や薬の内容、医療機関や薬局名、医療機関の住所。

これを45行ぐらい入力した。

ここまで詳しく一覧にしないとダメ?? だって領収書提出するんだよ??



しろっていうならするけどさ……ブツブツ……。



そして、控除の種類の多さ。

基礎控除、寡婦控除、障害者控除(障害者手帳コピーを添えて)、医療費控除、あと、配当控除なんてのもあった。

国税庁のサイトにあるフォームに入力していくと計算してくれるのは有難い。

けど、細かいとこ間違ってるかもしれないよ……。


ああ、再提出になるんだろうなー。

税務署に訂正に行くのは嫌だなあ。


多少お金が戻ってくるけど、住民税とか国保料ガッツリ上がってマイナスになったり……。

するの???

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


事業所めぐり

どういうシステムなんだかわからないが、うちの市ではこの数年で急に障害者用の事業所がどっと増えた。

それぞれ役割分担があり、就労移行支援事業所では利用申請書は作れないので、「地域活動センター」とかいう別組織の所長さんと面会して契約書を読み、ハンコを押し、日常生活の聞き取りをされて、就労移行支援事業所の体験日を決めた。

そこの所長さんが、先日うちにきた新しい担当さんだった。


口も手も早そうな、キツ目の奥さんだ。60ぐらいだろうか。

「昔ヤンチャだったのよ」と言われたらああそうだろうなというような雰囲気の。

でも、話は普通にできた気がする(自信がない)。

強そうな担当さんは、私と同じような理由で旦那さんを亡くしたそうだ。

死後の手続きや人付き合いの難しさなどをちょこちょこお互いに話した。

担当さんは福祉の仕事はそんなに経験がないけど、人の面倒をみたいと思って始めたらしい。


私は特になんの希望も野望も社会貢献もないので、「へえ…すごい……なるほど」と相槌を打ちつつ圧倒されていた。


担当さんは「まだ若いんだし、人生楽しまないと」とぼんやりした私に言った。

でも、「楽しい」と感じた瞬間の強烈な痛みや後ろめたさを、どう説明したらいいかわからない。

「なんとなく申し訳ない気持ちが勝るんですよね」

とだけ答え、どうしてよ、なんでよー、という彼女に曖昧に笑って話を終えた。


普通の日常ではめぐりあいも付き合いもしない二人、そんな気がしたけど彼女は悪い人ではない。

ありがたくお世話になって帰宅し、冷凍庫のウォッカを猪口いっぱい一気飲みした。


それからもう考えるのはやめて、去年の医療費の領収書をまとめて、明細書を作る。



今月は、5回ぐらい就労移行支援事業所を体験する。

朝9時から午後4時まで。もちろん無給だ。

雰囲気に慣れればそれでいいかと思ってる。

利用者同士の連絡先の交換は禁止だし、そんなに複雑な人間関係はなさそう。

どうしても合わなければ、また別の方法を考えればいいや。




自死遺族 ブログランキングへ


統合失調症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

 | ホーム |