プロフィール

ルキ(Lukih)

Author:ルキ(Lukih)
診断書貰って見たら「傷病名:統合失調症」だった…もう、7年も通院してます。人生終った…と思うこともありますがなんとか生活を立て直したいんです。


最新記事


カテゴリ


タグクラウド



最新コメント


月別アーカイブ


ガンマ値が正常になってた

術前検査でわかったんだけど、37になってたよ!

甘いもの食べなくなっただけなのに。

体重は増えたり減ったりで肥ったままだ。

でも肝臓が元気になったのは良かった。

スポンサーサイト

普通、痩せるよね。

そもそもなんでこんなにデブったのか。

発症してからしばらくは頑張ってジムに通ったりしていた。

とにかく、発症前と同じように暮らすことだけが一番大事だと思い込んでいたから。

でも、当然挫折する。だって、幻聴が治まってきたらこんどはイライラしたり酷く落ち込んだりの繰り返しでぐったりしてるんだもん。

それから、を代謝するのに肝臓は結構頑張ってたんじゃないか。

食べる量を減らしても、夕食抜きでもじわじわじわじわ太っていった。


に嫌われるのが怖くて、過激なダイエットを試みたこともある。

が、は「ルキは可愛い。問題ない」とそれをやめさせた。なんていいだろう。


の死後、普通は激痩せするよね。

でも私は激太りした。この生命力の強さったらどういうこと?

まず、味覚が著しく鈍くなった。

食事しても淡い味付けだと、まったくわからない。おいしいのか不味いのか。

それから、今までまったく興味がなかった甘いお菓子がすごく美味しく感じるようになった。

チョコレートクロワッサンなんて、うえええ、と思ってたのに、大量に購入して貪り食ってた。

それからアイスクリーム。主食といってもいいほど食べたスーパーカップバニラ味。

特に、眠れない夜に脂肪分と糖分の固まりみたいなものをがっつり食べるとすぐに眠れるのが良かった。

今思えば、血糖値が急激に上がって眠気がきたのだ。

睡眠導入剤より、甘い菓子が効果的。

毎日毎日、ひたすら甘いものを摂取した。月餅なんか6個ぐらい一気にいけた。ラードと白砂糖の固まり。oh……

振り返るとホントに異常。怖い。


脂肪肝になるのも当然。デブるのも。

人に会わない時間帯しか外に出ず、ひたすら甘いものを食べて、取りつかれたように園芸して、ちょっと寝てをくりかえして、フォアグラ完成。


それと、精神の食欲刺激されると、抗わずに食べてたのも良くなかった。


今の食欲を刺激しないので、低空飛行だけど我慢して生活を整える努力をしている。

早寝早起き、小一時間の散歩、園芸、家事。少しの内職。

ひと月1キロペースでゆっくり落としていきたい。けど、体調によりけりだから、あまり自分に期待しすぎないようにしよう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


肝臓・胆嚢・すい臓の病気 ブログランキングへ

脂肪肝だよ

デブで脂肪肝とかホント、凹む。


私は今までに3つの精神病院を渡り歩いてきた。

最初の病院では二年ちょっと通ったのに、一度も血液検査をしなかった。

しようと言われもしなかったので、その辺はちょっと担当医適当だったかなあと思う。

発症して大量の薬を飲んでいたので、あのころマメに血液検査をしていたらと後悔してる。

じわじわと肝臓はヤラれていたんだろうな。

二軒目も一年ぐらい血液検査の話はなかった。

去年の秋ごろから酷くだるくて、憂鬱で、家事もままならない状態になり「もしかして、別の病気なんじゃないのか?」という疑惑を持って、年明けに初めて血液検査をしてほしいと申し出た。

甲状腺の病気じゃないかと思ったので、普通の検査に加えて甲状腺の検査もしてもらったのだ。

そこでとんでもない数値が。

甲状腺はT4が4.4と平均より若干低いぐらいで、病気といえるほどではなかった。

が、肝臓がとんでもないことになっていたのだ。


48以下でなければならないガンマ値がなんと173!!

\(◎o◎)/!

発症前、どんなに呑みまくっても、呑んだ翌日測っても10を超えたことがなかった私のガンマ値。

せいぜいちょっと基準値超えぐらいだろうと舐めてた。完全に舐めてた。


それに総コレステロール302(基準値219まで)!

中性脂肪399(基準値149)!

……orz

うそでしょ。


TTTもASTもALTもLDLコレステロールも基準値超え。

すぐに内科に行くことに。

そこで言われたのが当然ながら「まず痩せろ」。そりゃそうだ。

放っておくと肝硬変→肝がんで死ぬとまで。

この時、とっても弱っていたので犬の預け先を確保し所持品の整理をしてこのまま死のうかと考えてしまった。



内科的治療が必要とのことで、アトルバスタチンとロトリガを処方され、炭水化物禁止令を出された。

この内科医、もともと小デブだったのがダイエット成功して痩せ信仰が強い。

とにかく血糖値を急に上げなければいい、と腹が減ったら唐揚げを食え、白飯を食うなと。

唐揚げって……どうなの?



しばらくは、このまま病気で逝っちゃったほうが人に迷惑かけないでいいのかもしれないと悶々とした。

が、調べてみるとそんなに早くは逝けないということがわかり、しぶしぶ炭水化物を控える生活を始めた。


甲状腺はFT3、FT4が基準値よりほんのすこし低いだけで、まあ健康の範囲内だった。


そこから毎月一回、薬を飲みながら4ヶ月節制生活をした。途中酒を飲むぐらいはしたけど。あと週一回ぐらいは米も食べたけど。


数値は順調に下がっていった。ちょっとずつではあるが体重も減った。

6月の時点で、

ALT60(基準値43まで)

ガンマ値94(基準値48まで)

HDLコレステロールがちょっと低くて38(基準値40から99)

総コレステロール、中性脂肪は完全に基準値内に収まった。


またそろそろ血液検査に行かねばならないのだが、内科医がチャラくてチャラくて、行く気が出ない。

だってちょっと痩せただけで「痩せたら綺麗になるよ! ねえ、綺麗になったら何したい?」

とか、スイーツ丸出し発言するんだもん、私が精神病院通ってるの知ってるくせになに言ってんの。

キレイとかキタナイとかもうはるか彼方なんだよ!!ヾ(*`Д´*)ノ"

「なにもしたくないけど、犬の散歩と植物の世話だけはしなきゃ……」って生活してんだよ。

たまに出かけても、旅行だったとしても現実逃避行動。部屋着のまま出かけ行き先では部屋にこもって寝てるんだよ!!


ああ、あの内科医に会いたくない……おっさんなのに、キレイになるとかほんと鬱陶しい。

あ、でもよく考えたら、ここまで来たら薬要らないし精神病院で血液検査すればいいんじゃないの?

そうだ、そうだ。

もう会わなくていい! いまちょっと希望が見えてきた。



今は調理不要で血糖値を急に上げないものだけ食べて暮らしてる。

木綿豆腐、無脂肪ヨーグルト、低脂肪牛乳、野菜。たまに鶏胸肉。サプリメント。

こんなの、元気なときには耐えられなかったけど、今は同じものを食べている方が気持ちが落ち着く。

餌みたいだなあとも思う。

でも、調理したり栄養考えたりが負担だからもうちょっと元気になるまではこれでいいことにした。


体重管理はスマホアプリを使っている。

毎朝体重計に乗る、食べたものを記録する。散歩の歩数を数える。それだけ。

今月は約3キロ落ちた。

発症前の体重に戻りたいとまでは言わないから、じわじわと肝臓の負担を減らしていきたい。

年内にエコーも撮りに行こう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


肝臓・胆嚢・すい臓の病気 ブログランキングへ

 | ホーム |